IoT/組込機器向け各種製品の企画開発・キッティング など
アイ・アイス株式会社 ( Abideal I.C.E. JP. Co., Ltd. )

創業背景

近年、企業での IT 活用は、

どのような業種においても、もはや当たり前の事となりました。

IoT や AI 、産業ロボットによる第四次産業革命という概念も提唱され、
近い将来、人間が行う仕事が大きく変わってしまうと言われています。

現在、徐々にではありますが、その普及が始まりつつあり、
我が国でも、様々なクラウドサービスやデータ解析サービスなどが、
続々と誕生しているというニュースを頻繁に耳にする様になりました。

しかし、その一方で、我が国のものづくりの力は、衰退の危機に瀕しているとも聞きます。

何故、その様な事になったのでしょう?

様々な要因が重なっての事なので、簡単に説明する事は難しいのですが、

国内大手の垂直統合体制の崩壊後、

業界再編失敗による規模縮小により技術優位性が低下した事や、
諸外国で主流となった水平分業の考え方を基として、

世界規模を背景に、高機能・高性能でありながら、

低価格な製品やサービス群が普及したことによる物が考えられそうです。

IoT 社会の実現とは、

人間よりも大量のデバイスが、あらゆる物に搭載される世界の到来です。

これは、見逃せない一大商機ですが、

日本人が、 IoT や AI に関わるデバイスを、
ものづくりで支える事は難しいのでしょうか?

私達は、日本のもの作りが大切にしてきた、

品質管理や長期安定供給と言う考え方が、
IoT社会の実現には、大きな魅力になるはずだと考えます。

実際に、私達の出身メーカーでの業務上では、

ハードウェア関連会社の技術者・企画者から、

「海外のデバイスでは、不良率のコントロールが出来ない。

長期安定稼働が難しい。」

「海外製品の改版対応などに追われてしまい、

製品の積極展開が行えず新製品開発が間に合わない。」

…と言った、お困りの声を、内外で多数、耳に致しました。

しかし、その一方で、国内の IoT/AI 関連会社の技術者・企画者からは、

「海外のデバイスの方が開発しやすいし安い。

国内のデバイスは高いのに使いにくい。」

…と言った、ネガティブな評価を多く耳にしています。

何故、この様な矛盾する状況に至ってしまったのでしょうか?

恐らくそれは、我が国で、今、勢いのある若い企業には、

ソフトウェア技術の会社が多く、
誠に残念な事に、意欲と技術の素養の有る人材が、

ハードウェア技術の道に進む事が、
少なくなりつつあるからでは無いでしょうか。

現実に、ハードウェア関連企業と技術者の高齢化は、

明らかに進んでいるのが実情の様です。

そのため、我が国の業界内では、

IoT/AI に役立つ安定した製品を提供する為の、
少量から量産までをカバーする、充分なエコシステムが、

まだまだ構築出来ていないと考えます。

ものづくりの視点で眺めてみると、

現在の IoT/AI 界隈の華々しい発表の陰で、

実際には、大手企業の実証実験向けで、

老舗企業による高価な製品を核とした巨大プロジェクトが目立ち、
実際に普及を目指す、勢いのあるベンチャーが、

商用化に使うハードウェアに悩んでしまうと言う、
一種、歪とも言える様な構造になってしまっている気がしてなりません。

私達は、技術企画会社として、創業メンバーは、

それぞれの職種において、

日本のニーズを充分に理解出来る経験を持った人間が集まりました。

国内家電メーカー・PC周辺機器メーカーにて、

いち早く主力を海外生産に移行しながらも、デザイン性や機能性などで高付加価値製品を実現した、

製品企画と品質管理の経験者

 組み込み基板・IoT ゲートウェイメーカーにて、

FAや医療介護、ビル設備などの、高い品質を求められるユーザー様の案件を数多く担当した営業の経験者

産学連携・自治体連携プロジェクトにて、

OpenData や CivicTech の推進経験や、

技術系学生向けコワーキング運営の経験を持ったマーケッター

 国内家電メーカーにて、

パッケージや印刷物、様々な業種で店舗演出を経験したデザイナー

日本の製造業の仕組みだけではなく、海外の良いところも生かしながら、
使いやすい品質とコストの両立を実現して、

我が国の IoT/AI の普及に貢献したいと考えております。

そこで、空路・海路へのアクセスが良好で、

海外文化の先取の歴史を誇りとする、
この横浜の地にて、このタイミングでの創業を決意した次第です。

以上、大言壮語を書かせて頂きましたが、

私達は、始まったばかりの小さな小さな会社です。
ステークホルダーの皆様におかれましては、理想実現と永続のために、
ご指導、ご鞭撻を頂きたく、何卒、宜しくお願い致します。

平成29年 ( 西暦2017年 ) 7月28日 金曜日